福岡で結婚指輪をお探しの方。

福岡県で結婚指輪をお探しのみなさんへ。
私が満を持してご紹介したいのが、『QDM(レイジースーザン)』です!
福岡には大丸福岡天神店に店舗があります。

レイジースーザンの特徴のひとつに、「結婚指輪は30000円台からある」ということ。
これまでにいろいろなジュエリーショップをのぞいてみた方ならご存知だと思うのですが、結婚指輪って高いですよね!
ほとんどがプラチナでできているものなので高価になってしまうのは仕方ないとしても、若い方は特になかなか手が出ないと感じている方、多いと思います。

ですが、プラチナにこだわらないのであればかなり格安でお求めいただくことができます。
その証拠が、33480円。
こちらはイエローゴールドという金属を用いた結婚指輪になるのですが、幅二ミリという細さと着け心地が良い滑らかなフォルムがとても人気なんだそう。
指先にしっくりなじむので指輪に慣れていない男性でも気軽に着用することができるでしょう。
ちなみに同じデザインで他の金属を用いた別パターンの結婚指輪もありましたが、それぞれ
・ホワイトゴールド 36000円
・プラチナ 45360円
と、プラチナでも決して手が届かない金額ではありません。
非常にシンプルなデザインなので飽きも来ませんし、それでいてしっかりと存在感がある指輪となっているのでとても素敵ですよ。

他にもたくさんのラインナップがそろっています。
福岡県で婚約指輪と結婚指輪を安くセミオーダーメイド|レイジースーザン 大丸福岡天神店から公式ホームページにジャンプしていただければいろいろな指輪をご覧いただけるので、気になったものを直接店舗でご覧になる、というのがスムーズかもしれません。

ハードとソフトはどうちがうの?

最近のコンタクトレンズは、使い捨てが主流で、ポリやシリコーンゴムを使って作られているようです。

ポリは、メタクリル酸メチルの重合体で、すぐれた透明性が特徴の樹脂で、硬くて強靭、加工も容易で耐衝撃性にもすぐれています。

シリコーンゴムは、キッチン用品でよく使われるようになってきましたので、知っている人も多いようです。

耐熱、耐寒、耐油、耐水性などにすぐれ、広い温度範囲での圧縮復元性が担保された優れもの。

今では、このような優れた素材が使われるようになってきましたが、コンタクトレンズが発明された当初は、ガラスを装着していたそうです。

コンタクトレンズが使われはじめたのは19世紀末で、述べたようにガラス製品でした。

その後は、プラスチック製品になり、現在のコンタクトレンズにと変化していきます。

コンタクトレンズには、ハードとソフトがあります。

従来のハードコンタクトレンズは、黒目より小さく、かたいコンタクトレンズで、酸素を通さない素材のため、今では使われていません。

現在のハードレンズは、酸素透過性レンズが使われています。

ソフトは、黒目より大きく柔らかな素材のコンタクトで、

素材が水分を含む「含水タイプ」のコンタクトレンズと水分を含まない「非含水タイプ」があります。

free blog themes