ハードとソフトはどうちがうの?

最近のコンタクトレンズは、使い捨てが主流で、ポリやシリコーンゴムを使って作られているようです。

ポリは、メタクリル酸メチルの重合体で、すぐれた透明性が特徴の樹脂で、硬くて強靭、加工も容易で耐衝撃性にもすぐれています。

シリコーンゴムは、キッチン用品でよく使われるようになってきましたので、知っている人も多いようです。

耐熱、耐寒、耐油、耐水性などにすぐれ、広い温度範囲での圧縮復元性が担保された優れもの。

今では、このような優れた素材が使われるようになってきましたが、コンタクトレンズが発明された当初は、ガラスを装着していたそうです。

コンタクトレンズが使われはじめたのは19世紀末で、述べたようにガラス製品でした。

その後は、プラスチック製品になり、現在のコンタクトレンズにと変化していきます。

コンタクトレンズには、ハードとソフトがあります。

従来のハードコンタクトレンズは、黒目より小さく、かたいコンタクトレンズで、酸素を通さない素材のため、今では使われていません。

現在のハードレンズは、酸素透過性レンズが使われています。

ソフトは、黒目より大きく柔らかな素材のコンタクトで、

素材が水分を含む「含水タイプ」のコンタクトレンズと水分を含まない「非含水タイプ」があります。

Leave a Reply

free blog themes